騒音?生活音?音の問題の対応の難しさ

賃貸経営のトラブルの中でも、オーナーにとってボディーブローのようにジワジワ効くのが騒音問題です。

騒音といっても、そもそも人によって音の許容値も異なります。

音は時間帯や音源(話し声なのか、作業音なのか、音楽やテレビ等によるものなのか)によって、伝わり方が異なるもの。「騒音」なのか「生活音」なのか、しっかり見極めることも大切です。

賃貸管理における騒音問題は、空室につながることもありますので、迅速で適切な対応が求められます。ですが、対応を間違えてしまうと、どちらも退去してしまう可能性があります。迅速でありながら、慎重に時間をかけることも時には必要です。

弊社、青山物産の賃貸管理部門でも、騒音問題は特に慎重に扱うようにしております。

賃貸管理の騒音問題対処事例(夜の営み)

以前あったクレームの連絡は、木造2階建て賃貸アパートの2階に住む女性の方から。
「隣の居室の男性入居者が、ほぼ毎晩、夜中に女性と○○〇している音が聞こえる。」
というもの。

夜の営みの声もれです。

騒音問題は、まず、音が発生する時間と音の聞こえ具合を確認するのが基本です。ですが、発生時間も分からない音を、発生するまでその部屋で待つというのは非現実的ですので、弊社では、スマートフォンを持っていれば、入居者に録音してもらうようにしています。

その音を聞き、発生源の推測と、時間帯や音の内容から、騒音といえるかどうかを判断し、対応方法を決めるのが基本なのですが、今回は、とてもではないけれど、お怒りの女性にはお願いできない内容です。

また、夜の営みが、騒音としてとらえられるのかという点もあります。

ひとまず、隣人の男性に電話連絡で、「近隣から夜中に騒いでいるとのクレームがあったので、お友達を呼んで、夜中まで話したりしないように。」と伝え、状況を観察することにしました。

賃貸管理の現場では、入居者間のクレーム対応は、二次的なトラブルを防ぐために、連絡したのが誰であるかは分からないように伝えます。

具体的な内容を伝えたわけではないので、改善されるかどうかが不安でしたが、案の定改善されていないとのこと。

内容を伏せたままでは、改善されそうにないので、連絡してきた方の了承を得て、再度、伝えることにしました。直接会って伝えると、覚えがあるが、そんなに特別大きな声は出しておらず、普通だとのこと。

そんなので声が漏れるなら、壁が薄いのが悪い等の新たなクレームもいただきましたが、木造の共同住宅なので、構造上仕方がないところもあるため、お互いに協力しあってと伝え、隣との壁に寄せていたベッドを反対側に移動(角部屋でよかったです。)するなどの模様替えを依頼し、状況を観察することにしました。

「普通」がどの程度なのか、人によって変わりますので、音声の証拠がないと、クレームが過剰な反応なのか、実際に声が大きいのか判断が難しくなり、どちらにも毅然とした対応が取れなくなります。

どちらかに肩入れするわけにもいけないので、「こういうクレームが出たから気を付けてね」というお願いを、電話や面談で根気よく伝えていくことになります。

暫くは音に関する連絡はなくなったので、改善したのでしょうか。女性は結局退去してしまいましたが、転居理由は、騒音問題ではなかったので、詳細は不明です。

いまでも、その時の対応がどうだったか振り返り、違った対応方法がないか模索していますが、ひとによって不快に感じる程度が異なる問題の、対応の難しさを教えてくれる一件でした。

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ

03-5772-8250

営業時間:9:00-19:00
定休日:毎週水曜日

関連記事

  1. 賃貸経営の一番のリスク、滞納問題にどう対処するか

  2. IRVの法則

  3. 賃貸経営トラブル 臭気問題は難しい

  4. 屋上から木が生える!?

  5. 傷だらけの退去立会

  6. 買いたいと思って、買える状態をつくれたら買い時