賃貸不動産を「貸しやすい」「売りやすい」「受け継ぎ(相続し)やすい」資産に変えていくことが、管理会社の使命であると考えています。
そのためには、まずは、満室にすること。
なぜ空室が続くのか調査・分析し、改善点を明らかにし、改善に向けてのステップを提案いたします。

賃料と入居者ニーズの相関

長く賃貸管理に携わり、多くの物件を見てきた経験を振り返ると、退去してもすぐに入居者が決まる物件には、特徴があるように思います。
それは、「入居者を満足させている」こと。
広さや間取り、内装、賃料や初期費用など、入居者のニーズは様々ですが、入居が決まっている物件というのは、ほとんどが入居者の満足感を満たしているということです。

■私たちの考える賃料の構成要素と、入居者ニーズの相関

空室になる物件は、「物件の提供する価値」が、【満足感】+【快適性】+【利便性】における入居者ニーズを下回っている物件です。

空室を改善し満室経営に変えるには

物件が提供する価値の中で、唯一変えられないものは、地域を利用する価値。
空室の多い物件を満室に変えるには、【空間を利用する価値】と【物件独自の価値】を上げ、入居者の満足感を高めてあげることです。

■賃料や初期費用等条件の調査見直し

周辺の他物件の比べたときに、月額賃料や入居者が入居時に支払う初期費用が多ければ、内覧をする前に条件だけで検討対象外となります。他物件と比べて、利便性や快適性に大きな差がない場合は、月額賃料や初期費用に差が出ていないかを調査し、見直します。

月額賃料や初期費用に差が出ていないかを調査したあとに、
「初期費用もしくは月額賃料を下げる」、「初期費用を下げて月額賃料を上げる」といったプランごとの査定をし、最適なプランを選びます。

■リノベーション

その地域にあう間取りを調査し、人気が高まる内装プランへの、リノベーションを実施。




リノベーション工事によって、賃料はいくら上がるのか、物件の価値はいくら上がるのかも提案いたします。
弊社では、費用便益計算を用いて、地域ごとに回収できるリノベーション費用の上限を算出しています。

メンテナンスや日常清掃

物件の質を維持し、入居者に快適な住環境を提供するための、日常清掃や定期メンテナンスの実施。




入居者って心地よい住環境を提供するためには、清潔感を保つことが大切です。退去率の減少にもつながります。

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ

03-5772-8250

営業時間:9:00-19:00
定休日:毎週水曜日