初めての方でも簡単で分かりやすい調査と分析で、賃貸管理をサポート

新築で購入した方、オーナーチェンジで購入した方、相続で取得した方、オーナーになった経緯は様々であっても、所有した瞬間から、オーナーであり、賃貸不動産経営者です。

賃貸管理コンサルティングでは、そんな賃貸経営者のために、分かりやすく役に立つ情報を提供できればと考え、様々な視点から調査分析を行い、初めての方でも簡単で分かりやすい賃貸管理のサポートを行っています。

保有物件の管理状況のチェック売却か保有かの診断バリューアップのための修繕計画の起案など、お気軽にご相談下さい。

市場調査と現状分析で分かること

調査・分析は、賃貸管理の設計図。現状での問題点の有無を調べます。問題点が分かれば改善点も見え、それによって、どのように改善していけばよいかの組み立ても可能となります。スケジュールを組み、時間を使って、少しずつ改善を積み重ねていくことが大切です。

  1. 契約書類やメンテナンス実施状況の問題点
  2. 効果的なリフォームの内容と予算
  3. 売却か保有か
  4. 年間収支は改善するのか。するのであれば改善点
  5. 想定されるリスクとリスクへの対策はとれているか
  6. これからやるべきこと

市場調査と現状分析について

  • 管理状況やメンテナンス状況の調査

    所有している投資用不動産の管理状況はしっかり把握されていますか?管理状況やメンテナンス状況調査では、賃貸借契約書の内容や契約状況の調査から、メンテナンス状況の調査(法定点検や必要なメンテナンスが行われているか)を行い、問題点や改善点を見ていきます。

    オーナーチェンジで購入された方、ご相続等でオーナーになられた方など、今までの管理状況が把握できていない方には、おすすめしている調査です。

  • 費用対効果の高いリフォームプランの提案

    近年、リノベーションやDIYへの関心が高まり、賃貸住宅でも取り入れるケースが増えてきています。オシャレな空間は、同市場の競合物件との差別化が図れ、入居率向上が期待できます。ただ、投資物件の場合、費用対効果を考えることも重要です。

    「リフォーム費用をいくら掛ければ、賃料がいくら増えるのか。」「賃料をいくら増やすには、リフォーム費用の上限はいくらなのか。」を計算し、投資としての価値を生み出すリフォームプランを提案します。

  • 投資効率の中間分析

    保有か売却か追加投資か、そんな判断も中間分析を行うことで、明確になります。不動産投資では、BS(バランスシート)とPL(損益計算書)、CF(キャッシュフロー表)を見ていくことが大切です。市場の状況やローン返済が進み方で純資産は変化し、投下資本利回りも変わります。

    購入時に投下した自己資金が、現在何パーセントで運用されているのか、今後の数年でどう変化していくのかを見ることで、保有か売却か、追加投資かといった判断もしやすくなります。

メールでのお問い合わせ
メールでのお問い合わせはこちらから
お問い合わせフォーム
電話でのお問い合わせ

03-5772-8250

営業時間:9:00-19:00
定休日:毎週水曜日